電球型LED、無名メーカーは大丈夫? [2017/01/09] 

久しぶりの更新です!

今週はうちの集落の初寄り会。
美味しいお弁当とお酒で、昼間っから盛り上がってしまいました。

飲みながら昨年を振り返ると、猪垣を後退させて山の敷地を集落側に入れる件や、
農機具や軽トラを雨ざらしから救うべく、掘立てを建てる件や、
あれもこれも出来ていないことばかりです(泣)
(ブログの更新も・・・)
少しづつでもよいので、丹波ライフを増やしていけるよう、
今年もゆっくりですが、歩んでいこうと思います。

今週は、LED電球を試してみたお話。
冬は、囲炉裏と薪ストーブがある居間でほとんどの時間を過ごすのですが、
この部屋、3部屋をぶち抜いた大きな部屋です。
囲炉裏端の照明は、電球色の60w型電球蛍光灯が4灯で、
雰囲気はあるのですが、本を読んだりするにはかなり暗い状態でした。

これを解消するのに、
せっかくなので電球型LEDに交換してみることにしました。
暗さが問題なので、できれば100W型。
明るすぎる場合も想定して、調光出来るタイプがいいなとぐぐってみると、
1本5〜6000円もするじゃないですか〜〜!
LEDが安くなってきたと言っても、
100W調光型となると、まだまだ勇気がいる値段です。

Amazonさんでいろいろ検索してみると、
Shine Haiたる聞いたことのないメーカー(有名なら失礼)でお安い商品を発見。
100W調光型で演色指数(CRI)も80Raと記載されているので問題なさそうです。
(演色指数とは照らされたものの色がきれいに見えるかどうかの指数です)
そして、なんと!
1本1500円!
4本買っても6000円!

安モン買いの銭失いになるかもしれませんが、
勇気を出して試してみることに!



早速電球交換だけしてみましたが、
めっちゃ明るい〜〜。
ご飯の色の見え方も問題なしです。
あとは、調光したときの加減と、耐久性ですね。
おいおいレポートいたします!

############################
 今日のごはん
############################
最近ココモで激安雑魚ちゃんに出会うことが少なくて、
若干不満気味だったのですが、
久々に来ました〜〜!!

カツオちゃん、あなたはカツオにしては小ちゃいからって、
なんてステキなお値段なのでしょう。



平アジくん。
1匹11円と思えば、あなたは超デカイ体だと思いますよ〜。



カツオちゃんは5枚におろして、サク3本は藁で炙ってタタキに。
油がのって至極の逸品です。
土佐っ子がカツオのたたきは塩で食べるのがよく分かる。
ポン酢なんてつけたらもったいない!



お造りは、カツオとスルメイカ、ホウボウ、カナガシラのラインナップ。
どれも破格のお値段で破格の美味さなのですが、
今日の王様カツオちゃんがすごすぎて・・・
もう、完全にトロです。1切れ10円しないのに、あなたはトロの味がする(感涙)



お正月に奮発した生ワサビでいただきました。



道の駅でゲットしたヤーコン。言わずと知れたオリゴ糖の宝庫です。
生のままちょっとアク抜きして、柿酢づけと味噌マヨゴマ味の和え物に。
しゃくしゃく甘くて、ナシのようです。



薪ストーブで大根をコトコト。
上品なお出汁味で、うまうま。



翌日は、
買った時には生きていた瀬戸内の小エビと、
例の平アジと菊芋をから揚げに。



かぼちゃをミルクでとろとろに煮たもの。
少しの塩味だけで、スイーツのように甘いです。



メインは、昨日のホウボウのアクアパッツァ。
白ネギと原木しいたけがよかったのか、
本当にお水だけでバッチリおいし~!



今夜もごちそうさまでした。

関連記事

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://hiilog.blog137.fc2.com/tb.php/316-9cd51300