スポンサーサイト [--/--/--] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

堺蚤の市に行ってみました。 [2016/01/31] 

年明けて、週末も仕事に振り回され、なかなか丹波に帰ることができません。
とはいえ、たまには息抜きも必要と、
相方がなにがしネタを用意してくれます(感謝)

先日より、塗りのお椀が欲しいと言っていた相方が、
堺市で蚤の市が開催されているという情報をキャッチしてきました。
良いものはすぐに無くなるだろうということで、朝一から繰り出しました。

まぁ、こんな感じで、会場は大入り満員。
毎月やっているのに~?というくらいの熱気です。



ゲットしたものたち。
狙い定めて行った汁椀ですが、大正時代の程度のよい塗椀を発見。
口の金もほぼはげていません。
聞くと、和歌山の黒江塗だろうとのことでした。
右端は炭籠。銅の器の周りを竹で編んでカゴに仕上げたようなものでとってもイイ感じです。
真ん中の竹カゴの花器は、炭籠のオマケでもらいました。
堺のお父さんお母さん方の熱さに、負けてしまいそうでしたが、
粘った結果、なかなかよい買い物ができました。



帰りに、長年行きたかった銀シャリ屋さん「ゲコ亭」へ。
ちょうど12時頃に到着したのに、
「ごはん2つ、なんとかいけるわ。おかず、もうないけどいい?」と
ソールドアウト寸前の滑り込み。



でっかいガス釜で炊いた、ピカピカの銀シャリをおいしくいただきました。
ごちそうさまでした。



関連記事

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://hiilog.blog137.fc2.com/tb.php/283-2ee9216a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。