スポンサーサイト [--/--/--] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

床下収納庫を作る(1) [2013/06/22] 

わが家の酒人気ランキングは何と言っても泡(スパークリングワイン)。
白や赤も負けず劣らずなので、ようするに圧倒的にワインの人気が高いと言うことになります。
そんなワインを切らしてはいけないと、
格安通販で、いつも大量箱買いするわけですが、
これからの暑い季節、ほんとうに置き場所に困るんですよね。

それでなくても安いワインしか買わないのに、
その上、劣化してしまったりすると、残念では済まされない状況に(汗)

ワインや発酵食品などを熟成させるのに、温度変化が少ない収納をと、
以前から目を付けていた場所があります。
キッチンの隅の方に、床下の土間から床上にまで突き出た状態の、
煉瓦を積み上げたコの字型の囲いです。
はっきりはわかりませんが、おそらく昔キッチンが土間だったときの、
おくどさんの跡ではないでしょうか。

その構造物が、今日まで取り壊されることなく、キッチンの隅に残っています。
この部分の床を切って物を出し入れできるようにすれば、
よい収納庫になるのではないかと。

早速床下に潜ってその部分の状況を確認しようとしましたが、
キッチンの床下は、人が入れない状況でした。
遠巻きに見て大引きの位置はわかったので、安全な範囲で小さな穴を開けてみます。



中の状態を確認してから、開口の大きさを決めて、丸鋸で床を切り取ってしまいます。
フローリング材と床合板だけを切るように、丸鋸の刃の出具合を調整して、慎重に切り取ります。
四隅は手ノコを差し込んで、角まで切り進めて行けばOKです。
これで、床下の状況がばっちりわかります。



勃発した問題は、古い床の大引きが飛び出しているのと、
今回新設した床の大引きが2本またいでいること。
なんとか取り去りたいところです。



新設大引きの下にツカがあるので、ぴったりの詰め木をすれば切っても大丈夫そうです。



今週はここまで。
まだまだ前途多難の予感が。。

############################
 今日のごはん
############################
いつものスーパーの、新鮮お魚コーナーに立派な型の鯖が500円弱で出ています。
よく見ると、塩鯖と表示されています。
焼き魚用にしては、りっぱだし綺麗。下の方の分を見るとすこし凍っています。
ってことは、船でおなか出して塩して凍らしたってことじゃないの?
ってことは、鯖寿司、いけるんちゃうん?
いやいや、横の什器に「鯖寿司用」と書いた常設の鯖くんが1400円弱してるわけだし・・・
なんて、うじうじ想像していたら、
相方が魚を並べていたお兄さんに、「これ、きずしいけるん?」って聞いてるし!!
しばらくして帰ってきたお兄さん、ややひそひそ声で、
こっちの分は三枚おろしとかはできませんが、、、
「きずしいけるん?」
「いけます(キッパリ)」
おおお!!聞いてみるもんですねぇ。

これで反身分!
ぐふふふ。最高のできです。
図に乗って甘エビとかいっちゃいました。



頭やアラは大根を入れて船場汁。ウマウマです。



デザートはビワと、
源吉兆庵のブルーベリーゼリー。
この前、薪をもらったお礼に持って行こうと買ってたのですが、
大阪に忘れてきたので急遽地元で買ったお茶をお届け。
おかげで、自家消費~(笑)



############################
 今日の写真
############################
梅雨になると、あじさいが庭のあちこちで咲いています。
タイトル画像には、とってつけたように歩いていた、カタツムリを入れたショットを採用!



「こえくいだからしっかり肥料をやってねー」と苗屋のおかあさんに言われていたのに、
無農薬、無肥料で育てていたニンニク。
今年はなかなか成績がいいのです。うれしいー!



ジャガイモもとれました。
こっちは小粒ですが、自家消費にはちょうどよい量かな。



スポンサーサイト

床下収納庫を作る(2) [2013/06/30] 

今週は、兵庫県三木市で「鍛冶でっせ」という、
三木を代表する50の鍛冶屋が一堂に会する魅力的なイベントがあります。
道具好きの僕としては楽しみにしていたのですが、
訳あって今回は断念。
限られた時間ですが、先週開けた床の大穴を早く閉じるべく、
床下収納庫づくりの作業を進めていきます。



まず、先週発覚した開口内に渡る3本の大引きを処理します。
1カ所張り出していたツカは、地面が沈んでほとんど効いてなかったので、
ほんの少しジャッキアップして、邪魔にならないよう奥へ移動。
飛び出していた大引きは切り取ってしまいました。

そして、2層目になる新設床の大引きも少しシブイくらいの堅木を詰めて、切り落としました。



綺麗に開口全体が収納庫にできるようになりました。



ここからどう作るか、先週の作業後ねちねち考えて楽しんでました。
床板に開けた穴の縁に、フタを受ける木を下からビスで打ち込んで、
フタを床板とフローリング材で作れば、一番簡単にできあがります。
でも、強度的に上から踏んでも大丈夫か、ちょっと不安です。
それなら、アルミLアングルを床板を切った木口に1周ビスで打ち込んで、
フタの木口をアルミアングルの厚み分逃げてやったら、強度的にもアップしそう。とか。
結局、フタと床の見切り部分が綺麗に仕上がらないのがいやで、
木枠を設けることに。
ホームセンターで45mm角、松の垂木を買ってきて、加工します。
丸鋸盤でZになるように15mmずつ角を取り、留め継ぎの為に木口は45度に落とします。



床の開口にはめてみました。
ばっちり隙間無く収まりました!
この状態で、枠の外周を床にけがきます。



フローリング材だけ切れるよう刃を15mm出して、けがき線の内側を切り落とします。
丸鋸なので、角までは切れません。
ノミで綺麗にさぐっていきます。



枠が入り込む分だけ、フローリング材が逃げました。



じゃーん!
綺麗に収まりました。
最初に枠を丸鋸盤で加工するときに、
このようにフローリング材より少しだけ枠材が勝つように計算して刻むのがポイントです。
ツライチにしてしまうと、枠とフローリングの取り合い部分が汚くなってしまうのです。



枠ができたら、土間に砂利を敷いてだいたいのレベルを出します。
煉瓦のない部分はブロックで壁を作る予定。
仮置きしてみます。



床をモルタルで仕上げて、ブロックの積み上げも完了!
施工奥行きがない部分はセメント煉瓦を積み上げました。
煉瓦はいくつか半分に切って、千鳥に積み上げると強度が出ます。



フタがあまりに長くなるので、真ん中に桟木を作りました。
いろはを塗ったらいい感じになじんでいます!!



今週は、ここまで。
来週はいよいよフタを作れるか!?

############################
 今日のごはん
############################
ヨーグルト豆腐でカプレーゼを作りました。ヘルスィ~。
花ズッキーニを収穫したので、卵フリットに。
間引きレタスのよこにいるのは、初めての自作ベーコン。
初めてにしては上手にできましたが、課題もいろいろ。
塩抜き時間とか、脂身のそぎ落とし量とか、スモークの時間や温度。
無限の組み合わせで、いろんなベーコンができるなぁと実感。



高見牛100%のハンバーグ♪



############################
 今日の写真
############################
相方の畑が、バンビの猛攻撃を受けました(泣)
なんともかわいそうなキュウリ。
しっかし、キュウリの葉なんてたべるんやー。



ナスもこんなありさま。。



床下収納庫を作る(3) [2013/07/07] 

今週はなかなかに多忙ですが、来週は家族が遊びに来る予定が入っているので、
やりかけの床下収納庫を何としても仕上げたいところです。
フタさえできてしまえば、見た目的にはOK。あと一息です。

フタを作るにあたって、気をつけなければいけないのは、フローリングの目地。
これがきちっと合っていると、できあがりの見場が俄然違ってきます。
そこんとこを考えながら、一回り大きな物を作り、最後に周りをカットする作戦で行きます。
コンパネにフローリングをはるのですが、床鳴りしないように木工ボンドを塗っておきます。



フローリング材をコンパネに貼るのは、フィニッシュを使います。
細っそーい釘を、エアーでパンパン打ち込むことができる優れもの。
なければ釘でもOKですが、さねの中に打ち込むので、釘締めが必要です。



ムク材のフローリングなので、湿度によって幅が広がったりやせたりします。
今の時期は、湿度が最も上がっているので、気にしなくても大丈夫ですが、
幅が広がっても吸収できるように、目地にこのような詰め物をして貼っていきます。
ちなみにこれは、何か送ってきたときに箱を締め上げていた樹脂の結束バンドを切った物。
乾燥した冬場に貼るなら、何枚か重ねて隙間を大きくして貼るのが吉です。



一通り貼り終わったら、フローリング材の目地の位置を確認しながら、
四方を切り落とします。
あとは、扉を持ち上げるための金物を埋め込む穴を開けます。
ドリルでケガキ線に沿っていくつか穴を開けて、



ノミで綺麗に削り落とします。



ひとつできました!
なかなかのできではないでしょうか。
が、今週はここまで。タイムアウトです。



来週もう一つ作ったら完成です!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。