陶芸教室に行ってきました。 [2012/08/19] 

盆休みが終わるのを恐れるかのように、
遊びスケジュールが過密化しています(笑)
今日は締めに、陶芸の体験に行ってきました。

実は本日の講師ジェームス・イラズムスさんは、
イギリス人陶芸家。
備前で修業され、丹波市で登り窯を築窯されたという強者。
おまけに奥さんは丹波布を作っているとか。
是非一度お会いしたいなと、前から思っていました。

願いかなって、陶芸教室の開催を見つけ、
本日、盆休みの最終日が待ちに待った当日です!

相方と何を作るかについて、あーでもないこーでもないとやってたのですが、
彼女はどうやら食器を作る模様。
僕としては肩のラインが美しい壺に挑戦してみたいのですが、
陶芸教室では小さな物しか作れません。
そこで、ミニチュアを作ってみることに。
使いでの良い道具を愛してやまない自分としては、
使い込める物を作りたい。
僕が日常に利用する小さな壺 → デッキで七輪のあとの火消し壺!!
とイメージが広がっていきました(笑)

できました!
口の粘土が思ったよりボリュームが出てしまいましたが、
なかなか満足行く物になりました。



こちらは相方作の食器。
日頃、おおざっぱな性格と、いじわるを言って楽しんでいるのですが、
なかなか、スバラシイできです。



ジェイムスさんにもほめていただけました(笑)
9月に贅沢にもジェイムスさんの登り窯で焼いていただけるそう!
いいかんじに焼けてくれるとうれしいな。

相方が超天然モードで、
「登り窯に火を入れるときに見に行ってもいいですか?」
なんて、平気でいってしまうもので、
ジェイムスさん困った顔されていました(汗)
陶芸家が登り窯に火を入れるときは真剣勝負なんやっ!
って、思わず突っ込んでしまいました。

そんなときでなければ、工房に遊びに来てもいいよって言ってくれたので、
近々おじゃましちゃおうと画策中です(ムフフ)

陶芸体験は午前中で終わったので、
午後は、近くにあるのに一度も行ったことの無かった、
水別れ公園に行ってきました。

本州に降った雨が日本海に流れるか、
太平洋側(含瀬戸内海)に流れるかの切れ目がどこかにあるわけで、
その天下分け目の分岐点を中央分水界というのだそうです。
当然、真ん中辺りの山の頂上や尾根が中央分水界になるのが普通だそうですが、
丹波市にある水別れ公園は山の麓にあり、日本にある中央分水界の中で最も標高が低い物だそうです。

はい!
ここが分かれ目でーす。



左に行くと瀬戸内海(太平洋側)。
右に行くと日本海。
こ、こんなものなのね。。
(ドラマチックな始まりを期待してはいけません)



隣接する、いそ部神社にお参りしてきました。
古い建築物は仕事が細かで美しい。
建具が並んでいるだけでこんなにもかっこいいです。



本殿。
アシメトリーな屋根が迫力です。




############################
 番外編:今日のごはん
############################
今夜は七輪で炭火焼き。
にごりざけを買ってきました。
今年の盆休み最後の晩餐でーす。




############################
 番外編:今日の写真
############################
昨日のツーリングで棚田が美しい農村を通りました。
なのに思ったことは、この田んぼは機械入れられないよな-。
大変そう。。(現実的です)



余部鉄橋のあったところに道の駅がオープンしたと聞いていたので、
久しぶりに行ってきました。
美しかった鉄橋がコンクリートのかたまりに変わっていました。
できれば強度をクリアした美しい建造物にしてほしかったなぁ。。
道の駅は立派な小屋組に目を奪われました。





ジェイムスさんの器が我が家に仲間入り! [2012/09/22] 

陶芸教室に行ってきました。 [2012/08/19] で紹介したジェイムスイラズムスさんが、
大阪で個展を開くそうでDMをいただきました。
よくよくみると、仲良くしている知り合いの会社が入っているビルの1Fにあるギャラリーではないですか。
世間って本当に狭いですよね。

ジェイムスさんが在廊しているのは土日。
その頃僕は彼のおうちがある丹波にいます。むむむ。
金曜日が初日だったのでもしかしたらいるかもと、だめもとで昼ご飯がてらいってみました。
予想的中!久しぶりに再会できましたー(笑)

DMの写真では伝わりきれない表情と質感に圧倒されました。
登り窯で焼くことによって作家の意志と偶然が調和して想像を超えるものが生まれます。
生活道具なので、使い込むとさらに新しい顔を見せてくれるのです。
おもわず気に入った、お酒をつぐのに良さそうな器をもらって帰りました。

ギャラリーのオーナーさんともおもしろいお話がたくさんでき、
「ギャラリーで飲んでるからいつでもおいでよ」なんていってもらっちゃいました。
むふふ。そのうち攻撃しよっかな(笑)

つれてかえった器は、もちろん早速丹波でお酒をいただきました。
是非写真をクリックして釉薬を使わない備前焼の表情をみてください。
(後ろの器二客はうちにあった物です)



どうしても器を使いたかったので後半にアテをいただきながらゆっくり飲んだのですが、
実はご飯はサンギョプサルでした(笑)
収穫したゴボウがめちゃうまだったことがおまけになってしまいました。。




############################
 番外編:今日のごはん
############################
先週収穫した穂じその塩漬けを使って大量のおにぎり~!
あとで相方に突っ込まれたのですが、
「今日の昼飯何にする?」「おにぎり!」
って明確に指定したそうです。
そう。今日はうちの地区の運動会!そりゃお昼ご飯はおにぎりでしょう。
(相方:運動会は午後からなので、昼ご飯は家で食べてからいくんですけど。。。┐(´-`)┌)



############################
 番外編:今日の写真
############################
ってことで運動会~~!
うちらの集落はそこそこの成績でしたが応援しているだけで楽しかった-。。
いちおうぼかし入れましたが、丹波の人ならチョーわかる感じ(笑)




七輪陶芸入門 [2012/10/08] 

陶芸教室に行ってきました。 [2012/08/19] で作った作品が焼き上がったので、
取りに来るようにと年輪の里から電話がありました。
さーてどんな感じに焼けたかドキドキワクワクです。

素晴らしい(焼成)!の一言です。
自然灰が焚き口から上る熱流によって器に無作為にかかり、
それが釉薬となり様々な模様や色を出します。
最初っからこんな最高峰の経験をしてしまうと陶芸にもはまってしまいそうで怖いですね。
ジェイムスさんに感謝です。



とかなんとかいいながら先日すでにこんな本ゲットしていました(笑)
なんと七輪で陶器が焼けるそうなんです。
結構楽しみに観ている晴れ、ときどきファーム!でやっていたそうなんですがその回はまだ観れていません。
相方に聞いておもしろそうだったので、このジャンルの神本たるこの本を、
中古出品しているのを見つけてゲットしてしまいました。



どんなものが焼けるか是非やってみようと思うのですが、うまくいくかなぁ。
電気や灯油で焼くよりむしろ自然灰の影響を受けるのでおもしろそう。
こんどジェイムスさんの工房にお邪魔したときにアドバイスお願いしてみようかな。
「七輪ってっ!」って絶句されるかな(笑)

############################
 番外編:今日の写真
############################
うちの倉庫を趣味工房にするために倉庫を拡大して農具関係を追いやろうと画策しています。
トタン貼りの簡単な小屋を拡充するつもりなのですが、
ついついむくむくしてしまいます。
倉庫作るのも凝って楽しみたいのですが、ほかにやりたいことが目白押しなので、
そんなことしていると何も進まないということに・・・つらいところです。

そんな矢先、器をもらいに年輪の里へ行ったのですがおもしろい倉庫が建っていました。
束石に土台いって柱建てて、小屋組で屋根葺いて、木造軸組の教材のような小屋です。
真壁風ですが、柱に溝を切って板を上からはめ込んでいってるようです。
この真壁な感じがすごく気に入ったのですが、
水切りもなくってこんな構造で土台は腐らないのかなぁ。
年輪の里の人に聞いたら教えてもらえるかな?




今年もやってきました!丹波焼 陶器まつり [2012/10/20] 

毎年春と秋に、丹波立杭焼きの窯元がある今田町にてお祭りがあります。
今日は秋に開催される丹波焼 陶器まつり!
約60にも上る窯元の作品を堪能することができるので、1日では回りきれないほど。
我が家の食卓を飾る好みの器に出会えるか、ほしいサイズや形をイメージしていざ参戦です。

朝一番にメインの会場へ出向いたのですが、すでに一番近い駐車場は満車。
次の駐車場になんとか潜り込むことができました。
後で窯元の方に行ったときも、人がいっぱいでびっくり。
感覚的には去年より倍増してないか!?
なにか大々的なプロモーションをしたのかなぁ?景気がよくなってきた?
なんて話しながらも、これはぐるっと回ってから気に入った候補を吟味する、いつもの作戦ではアカン!
ピンときたら思い切ってゲットでいこう!ってことになりました。



いろいろいただいたのですが、それは後でいくつか紹介するとして、
一通り戦った後の昼食休憩です。
シシ肉ソーセージと竜田揚げ、とろろそば。
どうみてもスーパードライのようなノンアルビールで一息つきました。



後半戦は窯元のギャラリーを歩いて回ります。
60からあるのでとてもじゃないけど全部は見て回れない。
お気に入りの窯元いくつかに絞って回ります。
写真は信凜窯で撮ったワンカット。
末晴窯さんで修行されたと聞きましたが、
末晴さんに通じる細かでクオリティ感にとんだ作品がすごくお気に入りです。
ギャラリーも、古民家をほどよく改装されていてかっこいいです。



今回は4つの窯元さんから作品をいただきました。一部をご紹介。
まずは丹泉窯さん。
とっても買いやすいお値段で、オッ!って出会う率が高いです。



うまそうなもんを乗っけたくなりますねぇ。



こちらは、たさうらさん。
今回初めて購入させてもらいました。
ギャラリーの立地が厳しいのでいままで出会わなかったのかな?
いいかんじです。



俊彦窯さん。
やっとハワイ土産のライオンコーヒーのマグカップから卒業です(笑)



信凜窯さんでいただいた大きめの皿。
写真ではわかりにくいですがいい感じに緑が効いています。



こちらは小さなお皿。
土の質感がすごくイイ。



これから、「今日のごはん」でちょっとずつデビューさせていきますね(笑)

############################
 番外編:今日のごはん
############################
ウナギが安かったときについついゲットして冷凍していました。
今夜そいつを櫃まぶしに。
土鍋で炊いた飯がまたうまい!
ちなみにこの愛用土鍋はほぼ日がプロデュースして土楽さんが作ったもの。



############################
 番外編:今日の写真
############################
なにもしていないウッドデッキ前の畝からブロッコリやら大根やらやたら生えてくるのです(汗)
って、本当はデッキで種取りをして、よくない種を適当に捨てるからなんです。
何もしないで捨てた種がどうなるかって実験なんですが、こいつらの発育がすごいのなんの。不思議です。
その中でもひとしきり立派に葉を広げ育つ大根!
なんで青首大根が生えてきた??そんな種はとってませんしっ!
とかいいながら抜いてみることに。



すぽっ!
えーーーーー、こんだけ!?
丸大根でした。(なら種あったかも)
まじでびっくりしました。。



収穫たちです。。




ジェイムスさんの陶芸教室に行ってきました。 [2014/08/31] 

少し前に、ジェイムスさんの陶芸教室が開かれるという情報をゲット!
早速FBで参加をお願いしていました。

ジェイムスさんは備前焼のアーティストですが、
丹波に登り窯を作って、作品を焼いています。
彼が開く陶芸教室のすごさは、
自分が作った作品が、彼の新作と一緒に登り窯で薪によって焼き上げられるということです。
その辺の陶芸体験教室のように、量産ガス釜で流れ作業のように焼かれるのとは、
わけが違う!!

前回作った作品は、僕のは小出し用の味噌ツボとして、相方のは片口の器として、日々愛用しています。
自然釉がいっぱいかかって、とっても良い景色が出ています(笑)



今回は何を作るか熟考の結果、
僕は、ビアタンブラー、相方は卓上の塩壺セットに決定!!
どうでしょう、なかなかいい感じに出来たのではないでしょうか。
いじましく2つも作ったので、時間オーバーしちゃいましたが、
ジェイムスさんにOKといってもらいました(笑)



相方の方も、雰囲気あっていい感じです。
粘土が余ったので、急遽お皿も作ったようです。



陶芸教室用に用意している粘土がきれてしまったので、
なんと本日は、ジェイムスさんの作品用の粘土を使わせてくれたそうです!
「思わず器の底にJEってサインを書いて、贋作作りそう」
なんて、馬鹿話で盛り上がりました。

うまく焼けてくれるといいなぁ。
楽しみ楽しみ。。

############################
 今日のごはん
############################
本日は、疎開先の満州で生まれた、おかん直伝餃子です。
玉ねぎメインの特製餃子だけをひたすら食べるのがわが家流。
空腹から満腹まで、ひたすら餃子。
これが、本当に美味しいのです。
特に、わが家の玉ねぎを使って作るとひときわうまいw



掟破りですが、刺身こんにゃくからスタート。



キュウリの古漬けとキュウリ、生姜、青じそをあえてもう1品。



うーん、満腹。
ごちそうさまでした。

############################
 今日の写真
############################
ナイロンコードの草刈り機が摩耗してきて穴が開いてしまったので新調しました。
前回のもコードが自動で出てくるタイプでしたが、
時々引っかかって出てこなくなります。
違うメーカーのものを購入して、使いやすいものを探索中。
ネットでの評判は良かったのですが、どうでしょうか。
そのうちインプレをレポートしまーす。。