網戸をつくってみました(1) [2011/07/09] 

廊下の掃き出しですが、建具を流用して作ったようで、
なんと!引き違いがあっていません。

廊下の吐き出し

引き違いの部分をアップで見ると・・・

こんな感じで隙間が・・

うーん、夜になると明かりに誘われて、あんな虫とかこんな虫とかが入り放題。
とっても怖いことが起こります。
そこで、夏の暑さ対策も兼ねて網戸が必要ということになりました。

ホームセンターに行くと、いろんなサイズに対応したアルミ網戸とかがあったのですが、
¥8,000前後と高額。
ここはひとつ、家の雰囲気にあわせて木製網戸を作ることに決定。
早速材料購入です。

木製網戸の材料買ってきましたー

木材、網、網止めゴムでしめて 1,516円
やっす~。
ゴム押さえローラーとカッターも買いましたが、
これは家中の網戸を張り替えるのに使うとして除外し安さを強調してみました。

網戸の枠完成!

じゃーん。枠完成!
ここまではさほど難しくはありません。
ポイントは取りつけ場所の寸法を正確にはかり、正確にケガクこと。
材料を直角に切ることです。
スライド丸ノコを持っていると簡単に完璧に切れるんですが、無いとなかなかに難しいです。
手ノコは厳しいのでせめて丸ノコで定規を当ててスパっと行くと吉。
接合は材が割れないように面倒がらずに下穴を開けてスリムビスで組みました。

ここで問題発生!
網を枠に貼り付けるのに、釘で細かく打ち付けてもいいのですが、
ここはこだわって、トリマーを使って枠に溝を掘り、
アルミサッシのように止めゴムで止めるつもりでした。
ところがこのトリマーのちょうどよいビットがないことが判明。

うーむ困りました。

次回に続く。

網戸をつくってみました(2) [2011/07/16] 

前回の続き

先週、枠まで完成した網戸ですが、
網を止める溝を掘るためのトリマーのビットが無くって中断していました。
ホームセンターで購入してきました。
テーブルの角を丸くデザインしたカットができるビットなどセット物しかなかったので、
1,980円もしてしまいましたー。
せっかくなのでまたなにか作るときに大いに利用してみようと思います。

で、早速ですが完成~!

突然ですが網戸完成!

表から見たところ。
こっちの方が良くできた網戸って感じですね。

網戸完成!表から見た

今回の作業ポイントは、トリマーで溝を掘っていく時は必ず左から右に引くことです。
反対から削るとトリマーがガイドから離れようとするので溝が木食い虫の食った後みたいに、
うろうろしてしまいます。
機種にもよるかもしれないので、必ずいらない木でテストすることが大事ですね。
もう一つ危なかったのが、溝を掘る側と深さを、あらかじめ考えてビスを打って組まないと、
トリマーがビスにあたってしまうことがあります。
気をつけないとだめですね。

で、枠を取りつけました!
もう日が落ちていたので、露光が足らなくてぶれぶれですが、
なんだかアーティスティック?
寸法がばっちりいけたので、釘を打たなくてもビシッと収まりました。
今回はスライド機能不要なので、簡単簡単。

網戸取りつけているの図

翌日室内側から見た感じを撮ってみました。
引き違いにぴったりサイズを合わせているので、
戸を開けて網戸にしても、戸を閉めても、虫の入るスキはありません!

網戸設置完了

ついでに、廊下の突き当たりの掃き出しにも2号機を設置しました。

廊下の突き当たり吐き出しにもつけました。

おかげで風通しも最高です!