スポンサーサイト [--/--/--] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

屋根がえらいことなってます(1)プロローグ [2011/05/21] 

実はこのおうち。全体的にヤレてきてはいるのですが、もっともやばいのが屋根のようなのです。

写真のように漆喰がとれたり、瓦が抜け落ちていたり、割れていたり。
土が流れ出ているようなところもあるようです。

DSC02616

これはイカンと、修繕を地元瓦店3社に見積もり依頼したのですが、
回答は「修繕では厳しいです。」といって、3社とも全葺き替えのお見積もりをお届けいただきました。
いやー、屋根の葺き替えってお金かかるんですねー。多少の誤差はありましたが、
見積もりはいずれも、おおむね400万円前後・・・
とてもじゃないけどそんなお金ポンとは出ません(泣)
う~ん。
宝くじが当たるまでは、自分でこつこつ延命修繕をしようと腹をくくりました。

腹をくくったのはいいのですが、作業するのは屋根の上。
てっぺん辺りから軒先までまんべんなくダメダメ状態なので、はっきり言って危険きわまりないです。
安全を確保しながらきっちり作業するには、素人の想像仕事では厳しいものがあります。
ここはひとつ、困ったときのお助けマン。木香房ゆらのもくもくさんに泣きついてみました。(イツモスミマセン)

「もしもし、○○です。お世話になってますっ。じつは、自分で屋根修繕をしたいのですが、
プロの職人さんに基本の技術指導をお願いしたいんですよー。
そんなめんどくさいこと引き受けてくれる職人さんいませんかねー?」

彼はこんな一銭にもならないありえないお願いにも、完璧に答えてくれるお助けマンなのです。(ホントスミマセン)

「去年引退したプロ中のプロで今はのんびり農業やってる人がいるんですが、聞いてみましょうか?」

おおお!なんてスバラシイ。最高の人材ではないですか。

「是非お願いします!」

と、晴れて師匠を得ることができたのです。


次回につづく

スポンサーサイト

屋根がえらいことなってます(2)プロの指導編 [2011/06/18] 

屋根がえらいことなってます(1)プロローグ の続き

前回の翌週は用事でこっちに来ることができなくて、その翌週の6/5(日)に、
前回紹介いただいた職人さんが屋根を見に来てくれました。
「いやー、日役やったもんでー。おまたせっ」
百戦錬磨の職人さんですから、どんな怖い人がくるかなと内心不安もありましたが、
とっても気さくな方で、小気味よいテンポでポンポンポーンと指導いただきました。

とりあえず一緒に屋根に上がって一通り見てくれて、
真っ二つに割れている瓦を2枚発見し、交換してくれました。
そのときに手際を見せてくれて、その他の問題のありそうなところを、
補修する手順を説明してもらい、屋根を降りました。

教えてもらった要点をまとめると、
瓦にはサイズがあって、うちの瓦は3種類のサイズが使われている。
もっとも古い大屋根の瓦が一番小さく、次に下屋まわりが中くらい。
玄関の上のだけ最近葺き替えたようで、現在流通しているサイズの瓦らしい。
現行サイズ以外はもう手に入らないので、大きいサイズを切って作るか、
どこかその辺で解体している古い家を見つけたら、もらってくる等して調達するしかない。
どうしようもないときは、割れた瓦の下にトタンを敷いて対応するという手もある。
漆喰が外れて土が流れ出しているところは、練った土を詰め込んでから、漆喰を塗る。
コツはやや固めに練って、ツバメが巣を作るように下から順にちょっとずつ積み上げていく。
「コテが難しいときは手で行け!手が一番ええしごとするんや」
「時々コテにペッとつばつけたらええんや」
とか、いろいろ印象に残るチップスをたくさん教えてくれました。(笑)

「屋根から落ちんように、がんばりや」と言い残して、
漆喰20kg入り一袋を軽ダンプから下ろして、使い込んだコテをプレゼントしてくれ、
さっそうと帰って行きました。
「指導料なんかいらん。遊びに来ただけや。」って、師匠、かっこよすぎるぅ。。
立派な職人(もどき)になることが、恩返しだと、心に誓ったのでした。

さて。
まずは実態調査です。屋根に上がるには安全のために地下足袋が必要です。
早速近所の作業着系専門店に買いに行きます。
「屋根上がりよる職人は皆これやな。」と、お店のおねーさんおすすめの地下足袋を購入。



驚く安心感です。靴で上がったときあんなに怖かったのに、地下足袋を履くだけで恐怖感は半分以下に。
これなら、細心の注意をはらって作業すれば何とかなりそうです。

じっくり調べてみると、こんな事とか、



こんな事とか。



なかなかやりがいがある!と余裕をかましてられない手強さ満載です。
その分きれいに直せたときの喜びもひとしおでしょう!

いずれにしても、瓦の下の漆喰が外れて土が流れ出している部分に詰め込む土が必要です。
幸い、母屋の工事でいくつかの土壁を撤去したときに出た土を、
庭の片隅に山積みに投げ捨ててあるので、それをかき集めて練り直すことにしました。

たくらんだ訳ではないのですが、ちょ~どオカンが偵察に来ると言うことになったので、
「働かざる者食うべからず。」なんてもっともらしいゴタクをならべて、
せっせと集めてもらいました。(ラッキー!)
捨ててある土を少しずつ集めては混ざり込んだゴミや石を捨てて、
こつこつ集めること半日以上。セメント船(大)と(中)に満載と、砂袋3つほど集めてくれました。




############################
 番外編:今日のごはん
############################
今日は相方がいないので、一人飯です。
スーパーでとてもきれいな鳥肝を見つけたのでつい購入。
どうして食べようか考えた結果、
白ワインとハーブにつけ込んで、トマト缶で煮込みました。
うんまー。




次回につづく

スダレを吊る [2011/07/09] 

東向きの窓から朝日が入って早朝から暑いやらまぶしいやら。
対策としてスダレを吊ることにします。

この窓にすだれを掛けたい

ところがこの窓、見ての通り玄関屋根が被さってきているので、
単純に軒先にぶら下げるというわけにも行かないのです。
仕方がないので、スダレを吊る為の棒のような物を作ることにしました。

倉庫をごそごそ探したら、ちょうど良い感じの棒があったので、
家の意匠にあわせて色を塗ることにしました。

すだれを吊るための棒を塗装

素材にとことんこだわるなら、柿渋にベンガラを混ぜて昔ながらの方法で色をつけると良いのですが、
ちょっと楽して、現代の自然塗料で行くことにします。
写真の塗料「いろは」は仲良くしてもらっている地元の工務店さんに教えてもらったもので、
日本古来の天然顔料「ベンガラ」から作り出す美しい日本の色をばっちり出してくれる、
優れものです。

さきっちょに切ってある溝はスダレをぶら下げる紐をくくる部分です。

で、いきなりですが、完成~!

すだれ完成

正面からの図

すだれ完成(正面から)

とってもいい感じにできあがりました。
すずしいですよ-。

網戸をつくってみました(1) [2011/07/09] 

廊下の掃き出しですが、建具を流用して作ったようで、
なんと!引き違いがあっていません。

廊下の吐き出し

引き違いの部分をアップで見ると・・・

こんな感じで隙間が・・

うーん、夜になると明かりに誘われて、あんな虫とかこんな虫とかが入り放題。
とっても怖いことが起こります。
そこで、夏の暑さ対策も兼ねて網戸が必要ということになりました。

ホームセンターに行くと、いろんなサイズに対応したアルミ網戸とかがあったのですが、
¥8,000前後と高額。
ここはひとつ、家の雰囲気にあわせて木製網戸を作ることに決定。
早速材料購入です。

木製網戸の材料買ってきましたー

木材、網、網止めゴムでしめて 1,516円
やっす~。
ゴム押さえローラーとカッターも買いましたが、
これは家中の網戸を張り替えるのに使うとして除外し安さを強調してみました。

網戸の枠完成!

じゃーん。枠完成!
ここまではさほど難しくはありません。
ポイントは取りつけ場所の寸法を正確にはかり、正確にケガクこと。
材料を直角に切ることです。
スライド丸ノコを持っていると簡単に完璧に切れるんですが、無いとなかなかに難しいです。
手ノコは厳しいのでせめて丸ノコで定規を当ててスパっと行くと吉。
接合は材が割れないように面倒がらずに下穴を開けてスリムビスで組みました。

ここで問題発生!
網を枠に貼り付けるのに、釘で細かく打ち付けてもいいのですが、
ここはこだわって、トリマーを使って枠に溝を掘り、
アルミサッシのように止めゴムで止めるつもりでした。
ところがこのトリマーのちょうどよいビットがないことが判明。

うーむ困りました。

次回に続く。

網戸をつくってみました(2) [2011/07/16] 

前回の続き

先週、枠まで完成した網戸ですが、
網を止める溝を掘るためのトリマーのビットが無くって中断していました。
ホームセンターで購入してきました。
テーブルの角を丸くデザインしたカットができるビットなどセット物しかなかったので、
1,980円もしてしまいましたー。
せっかくなのでまたなにか作るときに大いに利用してみようと思います。

で、早速ですが完成~!

突然ですが網戸完成!

表から見たところ。
こっちの方が良くできた網戸って感じですね。

網戸完成!表から見た

今回の作業ポイントは、トリマーで溝を掘っていく時は必ず左から右に引くことです。
反対から削るとトリマーがガイドから離れようとするので溝が木食い虫の食った後みたいに、
うろうろしてしまいます。
機種にもよるかもしれないので、必ずいらない木でテストすることが大事ですね。
もう一つ危なかったのが、溝を掘る側と深さを、あらかじめ考えてビスを打って組まないと、
トリマーがビスにあたってしまうことがあります。
気をつけないとだめですね。

で、枠を取りつけました!
もう日が落ちていたので、露光が足らなくてぶれぶれですが、
なんだかアーティスティック?
寸法がばっちりいけたので、釘を打たなくてもビシッと収まりました。
今回はスライド機能不要なので、簡単簡単。

網戸取りつけているの図

翌日室内側から見た感じを撮ってみました。
引き違いにぴったりサイズを合わせているので、
戸を開けて網戸にしても、戸を閉めても、虫の入るスキはありません!

網戸設置完了

ついでに、廊下の突き当たりの掃き出しにも2号機を設置しました。

廊下の突き当たり吐き出しにもつけました。

おかげで風通しも最高です!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。