【ウラヒーログ】ペントハウスプロジェクト「第4話」  [2017/06/25] 

当初の予定では4社でのコンペという想定でしたが、
2社辞退があって、1社追加依頼という状況となりました。

最初の提案を各社頂いてみたところ、
どこも意匠的な提案はあるものの、
詳細な施工仕様などがはっきりしません。
与件を整えていたつもりではあったのですが、
比較検討するには内容にもばらつきが多いようで、
内容を整えて統一する方向で希望要件をフィードバックし、
詳細仕様を添えて再度ご提案いただくことにあいなりました!

が!!!!!
各社、再提案までの日程がかなりあったため、
ぽっかりやることがなくなってしまった僕たちは、
禁断の第三の道、「建築家にお願いしてみる」というのを
検討しはじめてしまったのでした。

実は今までの経験では、こんなパターンを踏んでいました。

建築家と内容を詰めて、
図面や施工仕様を含めた完全な設計図書を用意し、
施工業者さんをコンペで決定。
設計、施工管理は建築家、
A工事(建築本体の大きな工事)はゼネコン等。
C工事(室内の造作や意匠など主に大工仕事)は知り合いの大工さん。

だけど、今回はこのパターンをはずして、
あえてリノベーション屋さんに丸投げしてみようと試みたわけです。

そう考えた理由は・・・

・コストが掛かりすぎそう
構造計算や建築確認が必要な案件でない場合、
意匠設計と施工管理を単独で経営している建築家にお願いするとなると、
どうしてもコスト的に大きくなりそうな感じがします。

・建築家は自分の作品を作っているイメージがある
オフィスビルなどならあまり不安はないのですが、住居の意匠となると、人の好みは様々。
建築家の知り合いは、いくつかあるのですが、どの方も好みの方向性を感じます。
得意とするアイデンティティーが皆ちゃんとあるのです。
できれば自分がイメージする世界観を得意とする建築家にお願いしたい。
普通、うまいぐあいにそんな建築家と出会えないですよねぇ(泣)

一度あきらめたこのパターンをやっぱりやってみようと考えたのには、
実は理由があるのです!

なにげにネットを検索していた相方が、
沢山の登録された建築家から自分にマッチした方をコーディネートしてくれる。
そんなサービスを見つけて来ました。
コーディネートスタッフとのミーティングで好みや与件を伝えると、
最適と思われる建築家からの提案をコーディネートしてくれます。
そして、ピンと来なければ、何度でもチェ〜ンジOK!
すごい仕組みです。
コーディネートする会社の費用が当然乗ってきますが、
建築家や施工会社は販促費分コストダウンすることも可能ですから、
いいせん来ないかしら(笑)

そんなことで、大急ぎでお願いすることにしました!

タイトなスケジュールでしたが、最初の面談から提案までいただきました。
人物としてのフィーリングも内容もとてもスバラシイ!
工務を担当する会社も、僕の希望与件から最適なチームを組んでの提案をいただけたようで、
完全に信頼できる感じでした。

最初にお会いした3社とも、担当者とのフィーリングは最高!と感じましたし、
すごく誠実によい提案をしてくれているにもかかわらず、
1級建築士事務所経営の建築家と、しっかりした規模の建設会社。
そんな肩書パワーで、施工管理に対する僕のコントロール負担が無くなる感じがしてしまうのは、
自分自身で、なんだかなぁ〜と思うところではありますが・・・

次回は、いよいよペントハウスプロジェクトという苦難?の道を、
お供してくれるパートナーを選択するという決断を致します!
嘘のようですが、ゆるされるなら4社とも一緒に仕事してみたいと思う要素があります。

さて、どんでん返しはあるのでしょうか!?


Comments

今週は雨!土砂降りになる前に草刈りしなきゃ。 [2017/06/24] 

今週は、土曜日の夕方から雨になる模様。
雨が降るまでに用事をと、頑張りましたが、草刈り半ばで終了〜〜〜。

畑では、夏野菜が採れ始めましたよ(嬉)



############################
 今日のごはん
############################
お刺身用のコチとサザエが出ていました。
お魚も夏ですね。



畑のイエローズッキーニと水ナスに、
パルミジャーノを削ってカルパッチョに。



今年初!
大路朝市のしんぺ~農園さんのお野菜と
J農園のお野菜と、我が家のお野菜のコラボレーション。
カポナータでございます。
お野菜の旨みが凄すぎますね。いくらでも食べられます。



サザエ2個は、獲れたてバジルとニンニクとバターで。
お醤油のつぼ焼きより、こっちのほうがずっと好きですね。



お刺身にしたコチの残りと、
サザエ1個で濃厚パッツァ。ひやぁ~、おいし~~~!



2日めは、先週昆布締めにしておいたトビウオから。



昨秋から仕込んでいたイワシの塩漬けをオイルに漬けました。
雨の日は、こういう仕事ができるのでいいですね。
塩漬けのまま食べる分から、2匹出してきて、
オクラとたたいて冷ややっこの味付けに。
調味料がいりません。(笑)



一気に夏が来ましたね。
畑から食べるものが色々とれるのは、うれしいものです。
うちのはまだ青いので、トマトだけはしんぺ~農園さんのものですが、
たっぷり野菜サラダができました。



残り野菜は糠床へ。
水ナス、うめ~!



本日のメインは、
チキンにゴーダチーズとニンニクとフレッシュバジルをはさんで蒸し焼きにしたもの。
ズッキーニやナスもトロトロに仕上がりました。



ごちそうさまでした。

Comments

床下収納庫のネズミ対策と家具塗装 [2017/06/18] 

久しぶりにDIYです。
遠い道のりでした。

といっても、相方がいい加減にやってくれとしびれを切らしているプチ案件!
一つは、床下に作った収納庫。
この収納庫、昔の「おくどさん」があった名残で残っているような、
コの字型のレンガ積みが床下にあったので、それを利用して作ったものです。
製作記事はこちら→床下収納庫を作る(1) [2013/06/22]

製作記事でもわかるように、
通気がある方がいいかなぁ?という考えもあって、
ブロックを適当に積んだだけで、床下の空間とつながった状態でした(マジカ)

昨年、この収納庫に相方が保管していた野菜の種の残りをネズが発見。
どえらいこと荒らしまくられてしまいました(泣)
で今年仕込んだ味噌を、そろそろ暑くなってきたので、床下熟成にしたいのだが・・・・
というオーダーです。

ネズが突破できないで、できれば通気も確保したい。
となるとやっぱり金網がよいでしょう。
ということで、コメリに行って亜鉛引の網を買ってきます。

収納庫の形を正確にはかって、金網を加工していくのですが、
気をつけるポイントは、左右反転状態で作ってしまわないこと。
折り曲げる時は木材などをあてがうときれいにいきます。



庫内は木部とブロックやレンガ部があって、ビスを打てないところはどうしようと思案の結果・・・
いずみーる御用達のホットボンド!
適当DIYの神ツールですが、実は憧れでした(笑)



「できたぁ〜〜」(いずみーる風)
これでネズくんも獲物を目の前に地団駄踏むことでしょう(笑)



そしてオーダー第二弾は、家具の塗装です。
アイランド収納をいつまでも作らないので、しびれを切らした相方が、
とりあえず大阪で処分する予定だった家具を持ってきて、
こっちに合うように、こげ茶に塗ってくれとのこと。

もとは、こんなオサレ家具を・・・



足付けにサンドペーパーをかけようと頑張っていたら、
ほぼむいてしまいました。
デッキが真っ白(汗)



扉の中は、虫の侵入やフンがわかるように白でOKとのことなので、
横着しないで、きっちりマスキングテープを貼り込んでいきます。
あとは塗装するので、デッキの床を養生シートで簡単に養生。
ここまでで、段取り八分完了。



後の二分はペンキ塗って完了!
刷毛塗りできれいに仕上げるのは結構難しいです。
コメリとかで買ってきた水性塗料は、1回塗りで仕上げたいというユーザーに応えるために、
とっても粘度高くねってあります。
きれいに仕上げるには、水で薄めてもうすこしシャバくして、
2回、3回塗りで仕上がる感じを狙えば、よりきれいに仕上がりそうです。
僕は、2回塗ったところでご飯の時間となりました(笑)



############################
 今日のごはん
############################
今週も、パーフェクトベジタブルと言われるクレソンからスタート!



今年初のトビウオの刺身。夏ですねぇ。



ニンニクを収穫したので、揚げて食べよう!と思っていたら、
ご近所の先輩が、見事なジャンボニンニクをくれたので、
食べ比べしてみました。
超小さいうちのまるごとと、超でっかい1片(笑)



このジャンボニンニク、ニンニク臭がほぼなく、まるでホクホクの芋のようです!
掘りたてを丸揚げで食べるのがイチバン。



久しぶりの天ぷらは、
今年ラストのソラマメ、抜きたて玉ねぎ、初収穫ズッキーニとなす、
それにマイタケとアスパラも。



めっちゃ小さい豆アジはから揚げにして、食べ放題。
揚げて~食べて~
揚げて~お弁当用の南蛮につけて~
揚げて~食べて~の繰り返し。



豆腐と鶏ミンチとアオサのがんも。



翌日は、今年最後のグリーンピースで、豆ごは~~~ん。
大好物なのでテンション上がります。



黄色のズッキーニが収穫できたので、
スライスしてボイルしたイカとくるくる巻いて、オリーブオイルをちょろっと。
ズッキーニは生もおいしいですねぇ。



昨日さばいたトビウオは、1晩昆布締めに。お醤油も不要の旨さ。



そして、我が家の新玉ねぎと玉ねぎの葉と豚肉をたたいたので、餃子!



ごちそうさまでした。

############################
 今日の写真
############################
5月から雨が少なく、とっても心配していますが、
うちの夏野菜たち、がんばっています。





先週植えた里芋。
水が好きなそうなので、田んぼの畦を20センチほど掘って植え付けました。
うまく行けば、種芋の上に親芋ができて、その周りに里芋が鈴なりに(笑)



田植え後、いくつか補植しました。
真ん中のゾーンが妙に分けつしてる?
実は・・・
左から植え始め → 苗足りなかったらどうしよ(きっちり1本植)
真ん中ゾーン → ん?けっこう足りる?(つい2本植えたり・・・)
右ゾーン → あか〜〜〜ん、これ足らんやつや!(再度ガチ1本植に)
www



どくだみの季節がやってきました。
お茶を作るため、根から引き抜いて、洗って、乾燥させます。
どうやって乾燥させるかは、、、来週のお楽しみ♪



Comments

今年の田植え終わりました! [2017/06/11] 

本日無事に今年の田植えが終わりました!

無農薬、冬期湛水の田んぼにはマツバイという雑草がよくはびこるのだそうですが、
あまり気にしなくてよしという意見が多く見られ、
去年はマツバイが生えているゾーンも気にせず、その中に苗を植えました。
うちの場合は、そのゾーンの生育が著しくわるく、
あわてて取ったのですが、時すでに遅し。。

その経験から今年は田植えの時に全部取ってしまおうと。
これが、ほんっっっっっっっっっっっっっとにきつかった(泣)

田植えスタイルで、田面にびっしり生えた芝生のようなマツバイをむしり取っていき、
ドロや土をなるべくしぼって、田のそとへ放り投げる。
そして、不耕起なので硬い土に、畑で苗を植えるように植え付けていく。。。
初年度の、こねた田んぼでの手植えの田植えより、4〜5倍は大変な感じです。

もっと爺さんになっても継続できるように、
もう少し体に負担が少なくなるよう、工夫が必要だとつよ〜く思いました。



今年も、美味しいお米にそだってね〜。

############################
 今日のごはん
############################
先週、田植えのために花をつけていたクレソンをバッサリ刈ったのですが、
1週間で柔らかい葉っぱが出てました。
ということで、塩とピーナッツオイルでいただきます。



とにかくクエン酸サイクルで、筋肉に溜まった乳酸を追い出さないといけません。
玉ねぎスライスを柿酢でマリネにしていたのを
たっぷり豆腐サラダにトッピング。
たんぱく質と酢酸で、疲労回復バッチリ(?)



先週さばいた鯛のアラと、するめイカの小さいのとあさりで、
ハーブたっぷりのトマト風味に仕立てました。うまい!



大阪の家の近くのスーパーに、イベリコ豚コーナーができていました。
我が家の新玉で、シャリアピンステーキに。
ジューシーでおいしいです。



2日めも、酢酸からスタート。(笑)
ほたるいかと、玉ねぎマリネを合わせました。
イタリアンパセリをパラパラっと。



バジルの穂先を切ったので、今年初のカプレーゼ。
ゲットしたてのオリーブオイルがいい仕事してます。



小さいキュウリを収穫しました。
間引き大根も、辛く育っています。



本日のメインは、
収穫したグリンピースをたっぷりつかったパエリア。
畑直送のニンニク、玉ねぎ、セロリをよーく痛めて、
鶏もも肉2枚をドドーンとソテーし、お米をいためて、
お水を入れて20分。お味は塩胡椒のみ。
炊きあがりにグリンピースを入れて、10分ほど蒸らしてできあがり。
お米はちょうどアルデンテ。
ああ~、豆のうまみがたまりません。



ごちそうさまでした。

Comments

やっと今年の田植え開始! [2017/06/04] 

3度め正直の苗の状態によって、
今週か来週あたりには田植えができる頃とふんでいましたが、
苗代を見に行くと・・・
いー感じに仕上がってきています!
よく育っている子で、背丈が20センチ強で6葉まで分けつしているので、
成苗の条件としてはベストの加減です。

2度の失敗を経て、撒くのがすごく遅くなったので、
気温も相当高くなってしまいました。
早生種であるコシヒカリをこんな時期に育苗すると、
おもっきり徒長するのではと恐れていましたが、
逆に最高のコンディションに上がってきたのでビックリです。



小さい子はもう一声な感じなので、来週にしようか迷いましたが、
大きい子が分けつ退化し始めるのがこわいので、
思い切って今週に田植え〜。

今週も、来週も日役があるので、作業に当てられるのは1.5日程度。
苗取りをして、田んぼの雑草を退治しながら、
不耕起の硬い土に植えていくのは相当手間がかかります。
約2/3植えて、今週はタイムオーバーです。

写真でみると、JA苗(幼苗)で普通に田植えした後のようにも見えますが、
実は、イトミミズの糞のとろとろ層が土の上に10センチ程度あり、
葉が見えているのは、全体の上半分ほど。
1本植なのに分けつしてるので、2本植くらいには見えるかな。



もちろん今は、足腰立ちません〜(泣)

############################
 今日のごはん
############################
先週に引き続き、ソラマメが収穫できました。
背丈は低いのに、実はとっても立派に育っています。
今週も鞘のまま焼いて、おいしいお塩で。



うちの田んぼの畔に、せりが自生しているのを発見!
いや~、うれしいですね~~。
ノブキと実山椒のさっぱり煮と、おいしいかまぼこで前菜に。



キャベツと人参と新玉を山盛り切って、



ジンギスカンをスキレットで焼いて、お野菜とともにわっしわしいただきます。
キャベツやもやしをいっしょに焼くと焦げてしまってイマイチなので、
この食べ方はいいですね!
野菜がご飯がわりになって、さっぱりたくさん食べられます。



翌日は、
とうが立ったのであわてて抜いたうちの玉ねぎと、
少しだけ収穫できたグリンピースと、
しんぺ~農園のズッキーニのソテー。
お野菜がおいしいので、シンプルが一番です。



こちらは、玉ねぎのねぎぼうず。
食べられないはずはない、とオリーブオイルでソテーしてみたら、
甘くて、奥のほうにすこ~し苦味があって、なかなかにオツな味わいでございます。



大阪で買った鯛をおろしておいたのをスパイスとハーブで下味をつけて焼きました。



そのままでもおいしいけれど、レタスにクリームチーズをぬって、
鯛もいっしょに巻き込んで食べると、うんまい!

冷凍していた糠床を出してきて第一弾は、ズッキーニを漬けました。
フルーツみたいな感じです。
肉体疲労がすごいので、お野菜に柿酢をたっぷりかけて、
クエン酸摂取も忘れません。(笑)



昨日のジンギスが少し甘かったので、
水洗いして(@_@) 下味をつけ直したそう。
パプリカと玉ねぎのとうの部分を細切りにして、青椒肉絲風に。



ごちそうさまでした。

############################
 今日の写真
############################
かわいがってくれている近所のご夫婦が、
芽出しした里芋の種芋をくれました!
いつもありがとうございます(感謝)
来週植える場合保管はどうしたら?って聞いたら、
仮植えしとけばベストかなぁ。
と教えてもらったので、庭の土をたっぷりかけて仮植え?状態に。



毎年のことですが、この時期に庭を掘る時は気をつけないと、
巨大カブトの幼虫が、ゴロゴロ出てきます(汗)
スコップで刺さなくてよかったー(笑)


Comments