今年の種まき完了! [2017/04/23] 

実は今年、種籾の芽出しに失敗しました(泣)
去年の出来がすこぶる悪くて、
塩水選でほとんど残らなかったために、
一昨年の籾を塩水選して量を増やして芽出しに挑んだのです。

1年の年月をナメていました。
3週間水につけてから、30度まで温めて、丸一日・・丸二日・・・
一昨年ものは一向に芽が出ませ〜〜ん。

慌ててネットで、無農薬、無施肥の種籾をゲットすることに。
籾をくださった方に電話で確認すると、
「自然栽培のとっても良い籾だから、塩水選も温水消毒もしなくて大丈夫!」
とのこと。
今年は、ガチ自然栽培で行ってみることにしました!

1週間水につけて、30度で芽出し。
そこから更に1週間冷蔵庫で眠らせておいた籾です。
いい感じに芽が切れています。



苗代にばら蒔きして、覆土して、もみ殻くん炭の布団を着せて、
トントン鎮圧したら完成です!

いつもは、有孔ポリで苗代をくるんで保温するのですが、
蒔く時期が例年より2〜3週間遅くなったので、
この時期に1週間も有効ポリで覆うとあつすぎて、
徒長してしまう予感がしたので、今年は裸で行きます!



とか言ってたら、丹波を発つ月曜の早朝、
車のフロントガラスにお湯かけないといけないくらいの、
ガッツリ遅霜(泣)
今年はスパルタです。
ポジティブに、むしろ良い苗が育つことを祈ります(笑)

############################
 今日のごはん
############################
友達の家の敷地に、タケノコがたくさん出ていると聞き、
早速、掘らせてもらいに行ってきました。
うちの山とは大違い。
イノシシも鹿も出ないその竹藪には、
まぁ、なんということでしょう。
ニョキニョキニョキニョキ、探さずとも、大量のタケノコが・・・
しかも、土が柔らかいのなんのって。
なーんの苦労もなく、10分ほどで大漁です。うれし~!!



しかも自然生えのニラと、しんぺー農園の新玉ねぎまで、いただいちゃいました。



ということで、早速ストーブに火を入れ、
2本だけ、アルミに包んでストーブに放り込みました。
焦げた皮をむいて、スライスするとこの通り。
香ばしい蒸し焼きの完成です!塩とわさび醤油で。
もちろん庭から木の芽の枝を切ってきて添えました。
出会いモノとはよく言ったもので、タケノコに木の芽は必須ですよね~。



しんぺー農園の新玉ちゃん。
スライスして、婦木さんの卵とおしょうゆでウマウマ~!
甘いとか、フルーティとか言うのはカンタンだけど、これはもう別格のおいしさです。



先週のタイのアラを塩してチルド室で熟しておりました。
凝縮された旨みを酒蒸しで堪能。



パクチーがけっこういい感じで出てきたので、メインはタイ風の味付けで。
豚小間切れ肉をホーリーバジルのペーストとナンプラーで味付け。
エノキのココナッツオイル炒めと、
贅沢にもタケノコもゴマ油でいためて参戦。
レタス包みで、わしわしいただきました。



翌日のランチには、もちろん!たけのこごはん。
通常のバランスの2倍のタケノコ量で炊いたそうで、
お米よりタケノコが多いという暴挙。(笑)
相方が愛してやまないタケノコと梅干しのお吸い物。
干してあったハタハタを夜用に焼いたのを2切れだけいただいて、
畑からとってきた白菜のとうは、生のままワサビマヨで。



夜。
前菜は、ハタハタのマリネ。
今年の柿酢の初しぼりとほんの少しのお塩だけで、骨を感じないほどのマリネに。



うどのスライスにも柿酢。
庭に自生している三つ葉はさっとゆでて辛子醤油で。



はい。
正統派のタケノコの煮物。美しいですね~。
薄~いお味ですが、マジでうまいです。
たくさん炊いたので、1週間楽しみますよ~。



本日のタケノコは、
オリーブオイルでソテーして、ハーブ塩とジェノベーゼソースまみれで。
もちろん、シュワシュワをいただいております。(^^)/



婦木さんの卵でスコッチドエッグ。
お肉は豚小間をたたいたものだし、
油で揚げないでオーブンで焼いたし、
トマトケチャップなんてものは付けませんが、
ちゃんとスコッチドエッグになりました。



ごちそうさまでした。

############################
 今日の写真
############################
仲良くしてくれている、キャリー焼き菓子店がなんと2周年アニバーサリーとな。
森のマルシェと題した記念イベントをやるそうなので、
朝一番に冷やかしに行ってきました。
なんと、オープン30分前から長蛇の列。
話しかけることすらままならない状態でした。
ほんとイイ仕事してるんで、必然的にこうなるんですよね〜。
おめでとう〜〜!



ほったらかしの苺ちゃんが、今年も花盛りです。
鹿から守るために夜は寒冷紗をかけていますが、
昼間は、受粉のために開放します。
日本みつばちがたくさんブンブン♪
楽しみ、楽しみ。



タケノコだけでは飽き足らず、
コーヒの生豆までもらっちゃいました。
コスタリカの豆だそうですが、生豆の時点で香りが違う!
早速焙煎して飲んだら、感動モノでした。



ペントハウスプロジェクト。
リアルタイムの方は、解体が完了。
薪になる廃材は、軽トラにつんでもらって持って帰ってきました。
解体屋さん。手間がかかるのにほんとありがとう。



Comments

「ウラヒーログ」大型企画!ペントハウスプロジェクト開始〜 [2017/04/17] 

ヒーログは大阪で生まれ育った自分が、
自然に囲まれた田舎で暮らすことが本当に幸せか?
というテーマで週末田舎暮らしを実践している様を綴ったブログです。

現在まる6年経過して思うことはたくさんありますが、
やっぱり自然はイイ。
人が生きる上で、欠かせない、欠いてはいけないものだと実感します。

そんな僕が、大阪の街中に立つビルにペントハウスを作ることになりました。
1フロアに2つのプライベートな住居、
そしてシェアして利用するリビング、ダイニング、キッチン。
会社のプロジェクトですが、
僕が考える、都会で暮らすなら、こんな暮らしが最高!
を実現するべく、とことんこだわって進めていきます。

躯体はビルではありますが、
マンションをスケルトンにして完全リフォームするケースと同様なので、
この記録がこれからリフォームする人へのヒントになれば。
なんて思いながら、書いていこうと思います(笑)

ざっくりしたイメージはできているので、
まずはと、知り合いの大工さんに相談したのが去年の11月。
ところが残念なことに、今年(2017年)まる一年の工事予定が、
すでに詰まっているとのこと・・・
うーん、腕のいい大工はそう簡単には確保できないんですよねぇ。

無理なものはしょうがないので、
どうしようかなぁと思案しているときに目に止まったのが、
リクルートの出している「suumoリフォーム」という本。
戸建て・マンションのリフォームの事例と施工業者がたくさん紹介されていて、
なかなか見ごたえがあります。

驚いたことに、引越し屋や中古車買い取りなんかでよく見るような、
一括資料請求みたいなのがあって、
気になるところに、気軽にファーストアクションできるようになっています。
今回は、マンションリノベの事例を出している業者さんの中で、
事例のセンスや雰囲気が好みに合うものを幾つかピックアップし、
こちっとクリックしておきました。

業者さんの反応は様々で、その日のうちに電話があったり、
翌日には会社案内や事例集が届いたり。
4〜5日たってから資料が届く場合や、ノーレスなどもあり・・・

たくさん届いた資料をみて感じたのは、
どれもとにかく印刷物がおしゃれ。
おしゃれで字が小さい!
ターゲットが若い世代ということなんだなぁと実感しました。
リフォームって高齢層がメインターゲットだと思っていたのですが、
どうやら最近は、若い層ががんばって新築を買うのではなく、
中古のマンションなど古い物件を購入し、
自分好みにリフォームするのが主流なんだそう。

でも、シニア層も少なからずいると思うので、
そっちにもマッチしたツールを作って使い分けると、
大きくコンバージョンが稼げると思うのですが、どうでしょう。

資料を頂いた業者さんから、「suumo」の手引に書いてあったとおり、
4社ほどに絞り込んで、打ち合わせをお願いしました。

次回は、いよいよ業者さんとの面談です!

Comments

ヒーさんのペントハウス、めちゃくちゃ期待しています。最近更新が少なかったので楽しみにしてます笑

  • Posted by -

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます!

会社プロジェクトなので、
ヒーログとはちょっと毛色が変わる記事になると思いますが、
楽しんでもらえるよう、頑張って更新しますねー(笑)

  • Posted by ヒー

上山集落の村おこし視察に参加してきました。 [2017/03/20] 

NPOで活動する友達が、上山集落の村おこし視察を主催すると聞き、行ってきました!

かつて100町歩8300枚あったと言われている美作国英田郡英田町上山地区の棚田。
過疎化とともに、無くなりそうになっていた棚田群を、
若いエネルギーで復活させているというモデルだそうです。

僕が興味津津だったのは、
棚田という大型機械が入らない、人の手の力で行う稲作。
平野部の田んぼよりはるかに過酷であろう環境で、いかにクオリティの高い農業を実現させているか。
あと、地元の皆さんとの融合の仕組み等々。。

大阪からの移動だったのに、まさかの連休の初日渋滞に捕まり、
集合場所の篠山口駅まで通常1時間の道のりが、2時間近くも!
ドキドキしましたが、滑り込みセーフで駅前駐車場に軽トラを止めて、
バスに乗り込むことが出来ました。

この人が、上山集落村おこしプロジェクトの立役者「カッチ」。
もう、明らかにエネルギーの塊のような方です。ほんとにすごいです。
彼のようなパワフルなキーマンが1人いれば、大きなことが動いていくんだろうなぁと実感。



お昼ごはんは、鹿肉のカレー。
春の野草が添えられています。
鹿肉の臭みなどなく、スパイスが効いてとても美味しい!



野草を未病対策のために役立てようとしているメンバーがいるらしく、
オリジナルの野草茶なども開発しているそうです。
効能を記載したメモも見せていただきました。



今回の視察のもう一つの目玉。
トヨタからの助成で実現した、上山集楽みんなのモビリティプロジェクト。
トヨタ製のミニEV(電気自動車)を使って、中山間部の移動手段を変えていくという実験?プロジェクト。
自動運転など、未来技術はまだ実現していませんが、高齢化する田舎での移動手段としても、
良さそうな気がします。
運転には普通免許が必要ですが、維持費や燃費コストは破格に安い!

集落内を走り回ってみた感想は、
楽しいし、1台あるととても便利そう。
あとは、高齢になって自動車を手放すと移動に困るという状況改善にも活かせるように、
さらなる改善をしてほしいところです。

気になったのは、オートマチックなのに坂道発進で車が後ろに下がってしまうこと。
下り坂でエンジンブレーキがあまり効かないこと。
衝突安全装置が装備されていないこと。
ドアの幌や着座位置の関係で、乗り降りが大変なこと。

このあたりがしっかり改善されたら、田舎で車を手放せない高齢者の、
マストアイテムになるような気もします。



こちら、カッチのお家。
元ゼネコンのカッチは、必要に応じて手作りで自宅をどんどん拡張。
僕の大好きなタイの水上家屋を思い出しました。
彼らの家も、まるで生きているように伸びていくのです(笑)



しばらくすると、カッチの友人がヘリを飛ばしてやってきました。
我々のような来客を喜ばせるためのアトラクションのようです。
間近にみるヘリはすごい迫力です。



みんなの努力で少しづつ復活しつつある棚田たち。



コムスで列をなして、集落中をねり走ります。



今回の視察を終えて、実は微妙な気持ちになりました。
Iターンの皆さんは、本当にエネルギッシュで生き生きしていて、
人物的にも素晴らしい。
都会で働いていたなら、きっと大手企業の上層部に食い込んでいく人材なのでは?
と感じさせるような、優秀オーラを感じました。
村としても、朽ちていく限界集落に若者がたくさんやってきて、
行政などのお金もたっぷり落ちてきて豊かになります。
棚田を中心としたブランディングによる、農産物の高付加価値が実現し、
大都会で事業するくらいのキャッシュフローが実現しているようでした。

でも。。
カッチには怖くて聞けませんでしたが、
なんか、古来からこの土地に暮らす村人は本当に幸せなのかなぁと感じるのです。
もちろん、朽ちてなくなるよりは絶対よいです。

地元の人間の歴史を含むアイデンティティを守って、
暮らしていくのに過不足が無いくらい、ちょびっとだけ豊かになるのが幸せだなぁ。
「そんなこと言ってるから、どこの村おこしもうまくいかないんだ!」
と、怒られそうですが、無い物ねだりってことで(笑)
まぁ、ジジイ発想ですかねぇ。。

############################
 今日のごはん
############################
冷凍していたイカとフキノトウで春パスタ。
トウが立ってきそうなので、残っていた大根を抜きました。



晩御飯。
新鮮なバイ貝があったので、お刺身にしてみました。



春菊のサラダと、



メインは鉄板焼き。
鶏肉とバイ貝に、
畑からとってきたブロッコリーと白菜の菜の花、のびるなどを焼きました。



実は本日、いつものスーパーで、全長20㎝以上の生の巨大たらこに遭遇。
近年、添加物が気になって、
大好きなたらこや明太子を買うことができなくなっていたので、
これはもう、なんとかして食べたい。と思うものの、
巨大なのが1本じゃなくひと腹入っていて、2人でどうすればいいやろ?と
長考すること数分。
結局あきらめきれずゲットしちゃったのでした~。

ということで、まずは全量の1/4を
バターで焼いて、じゃがいもにつけて食べました。



朝ごはんには、全粒粉マフィンサンド。



翌日のたらこさん。
酒蒸しして、塩コショウとマヨ少々で味付けして、
色々お野菜のたらこディップに。



そして、メインは、何と!ほんものの(笑)フォアグラ。
友達が送ってくれたのを大事にとっておいたのですが、
大根が終わりなのでソテーにしました。
バターとバルサミコの混ざりが悪いですが、お味はサイコーでございます。



鶏のせせりをレモン塩でマリネしてオリーブオイルで焼きました。



ごちそうさまでした。

############################
 今日の写真
############################
苗代の準備で、覆土に使うもみ殻くん炭を作りました。



くん炭作りもどんどん上手になってきました(笑)


Comments

お米の食味検査。 [2017/02/18] 

「JA丹波ひかみで農機の展示会やってて、そこで米の食味検査してくれるよ!」
うちの集落の方(前の農業委員さん)がそんなことを教えてくれました。

食味検査とは、おいしいと感じるお米の成分を統計的に制定し、
お米の成分分布から、美味しさの点数をつけるというものです。

肥料も消毒も使わない自然な米作りに挑戦しているので、
食べられるだけで幸せだったし、
自分で作った米は、美味しい以外のなにものでもなかった。

そんな我が子たちに、科学的に点数がつく・・・
怖いような気もしますが、興味津々です(笑)



じゃ〜〜ん!
これが食味検査機。
お値段な〜んとっ・・・
3,500,000円(税別)
ひょえ〜〜〜〜〜〜〜〜!



これまで収穫した3年分の籾保管米を玄米にして調べてもらいました!
食味値70〜75が普通なので、普通レベルには達しているようです。

驚いたのは、初年度が圧倒的に低いこと。
僕達の感覚的には、初年度は嬉しさMAXだったせいか、
ちょ〜〜〜〜〜美味しいと思っていました。
年々、土地が持っていた養分を失って収穫が減り、
食味も、「美味しいけどやっぱ初年度は最高だったよね」
なんて思っていたのです。
2年めがこんなによかったなんて・・(といっても低〜いレベルの話ですが)
昨年の数値が低いのは、水分が多い点が足を引っ張っているところがあり、
天日干しで発芽するほど雨が降ったことを思えばやむなし?よくできたほう?
なーんて、分析を楽しんじゃいました。



さてさて、今年はどうなるかなぁ。
いずれにしても、うちの子は可愛い効果で、
極上米の味がすることは間違いありませんが(笑)

############################
 今日の写真
############################
やっと畑の雪が溶けました。
全滅かと諦めていたのに、なんと!大根もカブも赤カブも小松菜も、
予想外に元気です。
すごい雪に長らく埋もれていたので、
しっかり甘くなっているに違いありません。(涎)



そして、もう、フキノトウがた~くさん出ていました。
春ですね~。
まだ小さくてかわいそうだけど、
香りのよいうちに、いただきます。



お正月用に買ったワサビの頭を水に差していたら、
ちゃんと葉っぱが出てきました。
うまく根が出れば、田んぼの水口に移植して、
栽培してみたいと思っているのですが、
そんなにうまくいくのでしょうか?
乞うご期待!


Comments

雪でいよいよ屋根がアウトですー!! [2017/02/05] 

今年の寒波〜豪雪は日本中えらいことになってしまったようですが、
我が家のボロい屋根もついにトドメを刺された感が・・・
雪解けをまって、恐るおそる調べてきました。

まずは手始めに、テレビアンテナがなぎ倒されていました。
テレビないんでいいんですが・・・



樋も雪に引きずり落とされたって感じで破壊されていました。



大屋根の端の方にある縦筋状の飾り瓦が、雪に引きちぎられたようにずり落とされています。



雪止めを掴んだままずり落ちようとした雪が、瓦ごと落ちたようです。



うーん、コツコツ直す域をガッツリ超えてきました〜〜〜(泣)
さて、どうしたもんかな。

############################
 今日の写真
############################
こんなの買っちゃいました。
音楽、日常聴きはSpotifyだったのですが、
先日Google Play Musicに引っ越しました。
Spotifyよかったのですが、好きなアーティストで扱いのないものが結構あり、
そういうのが聞きたくなった時は、CDのリッピングデータから聞いていました。
これが、アプリをまたぐのでよろしくない・・
Google Play Musicは自分の所有するCDのリッピングデータもGoogleにアップロードして、
自由に行き来しながら聞くことが出来る!(神じゃ〜〜)

ついでに、いまいち安定しなかったAirPlayもChromecast Audioに切り替えて、
Google様の下僕になりました〜。快適(笑)


Comments